スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月22日のパソコン教室

今年最後のパソコン教室。

先週に引き続き、画像関係。

まず、インターネットからパソコンへ画像を保存しました。ホームページには、著作権があるので、許可のある画像のみパソコンへ保存できます。「無料画像」などで検索をかけて画像の使用許可のあるホームページを探します。保存の仕方は、ホームページに但し書きがある場合は、それに従います。ない場合は、目的の画像をダブルクリックで大きくしてから、右クリックし「名前をつけて画像の保存」をクリックし、任意の場所へ保存します。

次に、保存した画像を使ってカレンダー作成を行いました。レーザープリンターの調子が悪く、本日も印刷できませんでした。前回もカレンダーのプリントができなかったので、本日は画像を持ち帰り、私がプリントしました。来年渡します。

最後にワードを使った画像の加工。

ワードを立ち上げ、図形描画ツールバーを表示します。オートシェイプから基本図形→額縁をクリックします。マウスポインタの形がプラスになり、ワードの用紙にドラックします。緑の丸はドラッグ回転、黄色の三角は額縁の幅の調整ができます。額縁の上でダブルクリックすると、オートシェイプの書式設定の画面が現れます。「色と線」から「塗りつぶしの色」→「塗りつぶし効果」をクリックします。「図」のタブから「図の選択」をクリックし、目的の画像を選択します。「図の縦横比を固定する」にチェックを入れOKボタンを押します。これは、他のオートシェイプでも操作は同じです。また、ワードアートでも、できます。



来年は、1月12日からワードを行います。

みなさん、よいお年を!!
スポンサーサイト

テーマ : パソコン教室
ジャンル : コンピュータ

12月15日のパソコン教室

今週は、デジカメ画像のパソコンへの取り込みと画像を添付したメールの送信について、学習しました。

まず、デジカメ画像の取り込み。

デジカメとパソコンをUSBケーブルで接続し、デジカメの電源を入れると、パソコンがデジカメを認識します。そして、デジカメに保存されている写真の処理方法を選択する画面が開きます。「コンピュータにあるフォルダに画像をコピーするMicrosoftスキャナとカメラウィザード使用」を選択し「OK」ボタンをクリックします。デジカメに保存されている写真の枚数と内容が認識され、「スキャナとカメラウィザード」というプログラムが起動します。ウィザードは魔法使いという意味。画面に沿って進んでいき、完了ボタンを押すとあらまー不思議、やりたいことができてます。途中の画像のグループ名を入力する場面では「日付+簡単なコメント」にすると、後で検索する時便利です。


次に、画像のメール送信について。

電子メールを作成し、ツールバーの「添付」をクリックします。添付ファイルの挿入ウィンドウが開くので、添付ファイルを選択し、「添付」をクリックします。これで、ファイルが添付されましたので、「送信」ボタンを押せば完了です。ファイルの大きさですが、1MBが目安です。また、ファイルは画像だけでなく、どんなファイルでもオッケーです。
また、画像を縮小してメールを送りたい場合は、こんな方法があります。まず、送信したい画像を選択します。そして、左側のファイルとフォルダのタスクから「このファイルを電子メールで送信する」をクリックします。「電子メール経由でのイメージの送信」の画面が開き「イメージをすべて小さくする」を選択します。OKボタンを押すと縮小された画像が添付されたメールが開きます。あとは、件名、本文を適宜入力し、送信するだけです。

みなさん、このメールの画像送信が気に入ったみたいで、わたしの話そっちのけで盛り上がり、「送信した」「メールが来ない」などの話が飛び交いました。進めるかとの問に、もう少し画像のメール送信をやりたいとのことでしたので、残りの時間をそれに使いました。

来週は今年最後の開催。今週の続きで、ワードやペイントを使って画像で遊んでみたいと思います。


テーマ : パソコン教室
ジャンル : コンピュータ

12月8日のパソコン教室

エクセル14回目。

本日で、エクセルひとまず終了。

前半、エクセルでの印刷方法について、学習しました。

せっかく作ったエクセルの表を見栄え良く印刷する方法。

ワードでもそうですが、エクセルでは特に印刷する前に「印刷プレビュー」で確認するのが大切です。 ちょっとはみだしている場合。 印刷プレビュー画面の「設定タブ」→「ページ」で「印刷の向き」を縦から横に変える。その下の「拡大縮小印刷」で次のページ数に合わせて印刷 横1×縦1に変更する。余白を小さくする。この三つのどれかまたは、組み合わせてやってみると1ページに収まります。

1ページに収まっているが、レイアウトがいまいちの場合。

「印刷プレビュー」→「設定」→「余白」の下の「ページ中央」の「水平」「垂直」にチェックをいれると横と縦の中央にいきます。 印刷プレビューをかけ「閉じる」ボタンで元に戻ると、縦と横に点線が出て、ページがわかるようになります。

すべてのページに見出しを印刷する方法。

メニューバーの「ファイル」から「ページ設定」→「シート」の「印刷タイトル」の行のタイトルの右側の青と赤のボタンをクリックし見出しにしたい行を選択します。すると、選択した行が点線で囲まれるので再び青と赤のボタンをクリックし、右下のOKボタンを押します。

※ 上の操作で印刷プレビューから「設定」→「シート」にいくと「印刷タイトル」が灰色になり操作できません。メニューバーの「ファイル」から進んでください。

ページ番号・その他を入れる方法。

ヘッダーとフッターを使います。 メニューバーの「表示」からヘッダーとフッターをクリックします。へーダーは上の欄外、フッターは下の欄外へ、ページその他を入力できます。ヘッダーまたはフッターの下の欄の右のところをクリックし、ページその他を選択します。また、文字を入力することもできます。

部分印刷をする場合。

印刷したい範囲を選択し、メニューバーの「ファイル」から「印刷範囲」→「範囲指定」をクリックします。解除する場合は同じ操作で、「印刷範囲のクリア」を選びます。

後半は、エクセルの総復習でした。

合計と平均を求めるSUM関数、AVERAGE関数、順位を表示するRANK関数、合格不合格を自動判定するIF関数、MIN関数、点数を5段階評価するVLOOKUP関数を駆使し成績の管理表を作りました。なんとか、全員作成できました。

みなさん、エクセルをある程度理解していただいたと思います!

お疲れ様でした。


+++++++++++


来週からは、みなさんの意見で、夏にやったデジカメからパソコンへの画像の保存、メールでの画像の送信、画像の編集などをやります。

テーマ : パソコン教室
ジャンル : コンピュータ

12月1日のパソコン教室

エクセル13回目。

まず、復習を行いました。

条件を利用した関数、IF、SUMIF、COUNTIF関数。
みなさん、細かい作業なので、集中力がとぎれるかと思いましたが、スムーズに終了。(半角と全角の変更が面倒です。)
さすがー。

次に、グラフ作成。

グラフにしたい範囲を選択し、F11キーを押すと、あっという間にグラフができます。
グラフをもっと詳細に作成したい時は、「グラフウィザード」を使います。「ウィザード」は魔法使いという意味。画面の手順にしたがって進んでいき、最後の完了ボタンを押すと自分が思っていたグラフができています。

そして、複合グラフ、折れ線グラフ、円グラフ、レーダーチャート、バブルチャートの作成を行いました。バブルチャートちょっと難しいですが、他のグラフは簡単に作成できました。難しいのは、データをどのグラフで作成するのが効果的かを選択することです。


テーマ : パソコン教室
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

スマイルコージ

Author:スマイルコージ
パソコン大好きおじさんです。
よろしくお願いします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。