スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月24日のパソコン教室

ビスタ3回目です。13名の参加。

まず、ビスタで強化されたセキュリティ機能について。

ウインドウズディフェンダーという機能が新たに加わりウイルス対策がマルウェア対策に変わっています。マルウェアは悪意のあるプログラムの総称であり、ウイルス対策プラススパイウェア対策となりました。

ファイヤウォールですが、XPでは外から侵入する悪意ある攻撃だけを対象としていましたが、ビスタでは自分のパソコンからウィルスを送信しない機能も加わりました。ファイヤウォールですが、ウィンドウズファイヤウォールとウィルス対策ソフトのファイヤウォールの二つとも有効にしておくとパソコン動作が遅くなりますので、どちらか一つを無効にしてください。

親子でパソコンを共有している場合、お子さんの利用を制限することができます。一週間を時間単位で使える時間帯を設定できます。また、お子さんがパソコンで何をしていたかどんなウェブサイトを見ていたのかを確認できます。

バックアップ機能が新たに加わりました。作成したファイルを自動でバックアップします。誤って削除したファイルも復元できる可能性もあります。システムの復元は、XPと変わりません。

インターネットエクスプローラーは7にバージョンアップしました。ひとつのウィンドウの中に「タブ」で区切って複数のウェブサイトを表示できるタブブラウジング機能が導入されました。やり方は、リンク先を右クリックして「新しいタブで開く」を選択するか「Ctrl」キーを押しながらリンク先をクリックします。

複数のタブにウェブサイトを表示させていると、混乱してしまうことがあります。その時は、「クイックタブ」ボタンを押します。すると、タブに表示されたウェブサイトがすべて縮小表示され、目的のサムネイルをクリックすればそのタブが拡大表示されます。

また、フィッシング詐欺の疑いのあるウェブサイトを表示するとアドレスバーが赤くなりますので、このような状況になったらすぐウェブサイトを閉じてください。

ウェブサイトを印刷する場合、前のバージョンまでは、ページの右側が切れてしまう場合がありましたが、今回から自動でサイズが調整されますのでこういう心配がなくなりました。

XPのメールソフトのアウトルックエキスプレスは「ウィンドウズメール」と名前が代わりました。機能はほとんど変わりませんが、ローカルフォルダに新たに迷惑メールフォルダが追加されました。これは、迷惑メール(スパムメール)を受信拒否するものです。迷惑メールと判断されると、自動で迷惑メールに振り分けられます。

ウィンドウズフォトギャラリーは、画像編集機能が追加されました。また、画像の印刷も簡単になりました。

次回は、29日です。


スポンサーサイト

6月15日のパソコン教室

ビスタの操作に入り、2回目です。参加者14名。

前回も言いましたが、慣れが大切だと思いますので、何度もさわるのが一番だと思います。パソコンは壊れませんので。

最初に現れるデスクトップの画面で大きく変わったのは、右側にあるサイドバーです。ここには、ガジェットと呼ばれる時計やCPUメーター、
天気などの11種類のミニアプリケーションを表示することができます。また、インターネットからは、それ以外のガジェットをインストールすることができます。XPのパソコンをお使いの方も、グーグルやヤフーからガジェットをインストールして使うことができます。

また、ビスタでは検索機能が強化されました。ほとんどのウィンドウに検索ボックスが設けられています。画像ファイルや音楽ファイルにはタグを付けることで、目的のファイルの名前がわからなくても見つけやすくすることができます。タグのつけ方は、ウィンドウの下にある詳細ペインのタグにキーワードを入力します。

XPパソコンにもありましたが、障害のある方へのサポート機能として、「拡大鏡」「ナレーター」「スクリーンキーボード」「ハイコントラスト」があります。「コントロールパネル」「や「ウェルカムセンター」の「コンピュータの簡単操作センター」から操作します。

ビスタには「メイリオ」という新書体が採用されました。「明瞭に読める」の意味からきています。MSゴシック3書体やMS明朝2書体と一緒に2004年に改正された最新のJIS漢字を採用しています。

来週は、金曜日がほかの講座で使用するので、24日の日曜日です。お間違いなく。

6月9日(土)のパソコン教室

今週は、生涯学習プラザのパソコンがXPからビスタに変更する工事のため、金曜日ではなく、土曜日になりました。私たちのサークルが初めてビスタのパソコンを触るとのこと、やっぱりオニューはいいですね。CPUもセレロンからペンティアム4の3GHzになりました。(ディスプレイが17インチから15インチになったのは残念ですが・・・もうひとつ、エディションがなぜホームプレミアムでなくビジネスなの?)

参加者15名。新しく1名の方が入会されました。よろしくお願いします。

OSがXPからビスタになってなにが変わったのか。大きく分けて4点です。

まず、セキュリティーの強化が挙げられます。

ウインドウズ ディフェンダーというスパイウェアー対策ソフトやインターネットエクスプローラー7のフィッシング詐欺対策、アウトルックエキスプレスから改良名前変更のウインドウズメールでは、迷惑メールフォルダで迷惑メールの振り分けを行います。

次に、ユーザーインターフェイスの一新です。

見た目が変わりました。ウインドウを立体的に表示して目的のウインドウを探す「フリップ3D機能」や、タスクバーにマウスポインタを合わせるだけでウィンドウの中身が見られる「ライブサムネイル機能」、デスクトップ上にガジェットという便利なミニツールを配置できる「サイドバー」などです。

そして、インターネットエクスプローラーの改良です。

バージョンが7となり、複数のウェッブサイトの切り替えが簡単な「タブブラウジング機能」、ウェッブサイトにアクセスしなくても更新情報を入手できる「RSSフィード機能」やウェッブサイトの印刷時、自動的にサイズの調整を行う機能です。

最後に、エンタテイメント機能の充実です。

ウインドウメディアセンターが標準搭載され、リモコンを使い音楽や動画を楽しめるようになりました。また、簡単な写真加工ができる「フォトギャラリー」やビデオDVDを作成できるウインドウズDVDメーカーなどのソフトがインストールされています。



それでは、次にオフィス2007ではなにが変わったのか。

3点ほど挙げられます。

まず、ユーザーインターフェイスの改良があげられます。

ビスタでもユーザーインターフェイスが一新されたと言いましたが、オフィスでも同様です。あらゆる機能が一覧で表示される「リボン」というユーザーインターフェイスです。これにより、目的の操作をすぐに行えるようになります。

次に、ビジュアル機能の強化が挙げられます。

文書の全体的なデザインを変更できる「テーマ」デザインを選択するだけで図表を作成できる「スマートアートグラフィック」などです。また、デザインにマウスポインタを合わせるだけで変更結果が表示されイメージを確認しながら作業できるようになりました。

最後に、ファイル形式が新しくなりました。

オープンXML形式」となり、拡張子の末尾に「x」が付くようになり、ファイルサイズが小さくなり、ファイル自体も編集しやすくなり、また、破損したときの復元機能も強化されました。

来週は、もっと、詳しくビスタやオフィスを見ていきます。

慣れが肝心だと思います。私の残業がなければ、6時過ぎにはパソコン室をあけておくようにしますので、早めに来れる方はきて練習するのもいいかと思います。また、5階のパソコンは9時から20時まで使えます。(1時間だけですが。空いていれば、延長で2時間までできます。)
プロフィール

スマイルコージ

Author:スマイルコージ
パソコン大好きおじさんです。
よろしくお願いします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。