FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月28日のパソコン教室

ビスタ&オフィス2007の8回目。参加者16名。

はじめに、先週の暑中はがき作成からの流れで、はがきの表のあて名作成から。

まず、あらかじめエクセルで住所録を作成します。次に、「差し込み文書」タブをクリックし、左から二番目の「はがき印刷」コマンドボタンをクリックします。「宛名面の作成」をクリックし、後はウィザードにしたがって進みます。「宛名の印刷に差し込み印刷機能を使用しますか?」のところに来たら、「他の住所ファイルを差し込む」の左のラジオボタンをクリックします。そして、下の「参照」をクリックし、はじめに作成したエクセルの住所録を選択します。「次へ」をクリックし「完了」ボタンを押します。次に現れた画面も「OK」をクリックします。すると、はがきの表が現れます。ここで、住所が表示されない場合は、「フィールドの一致」をクリックし、住所や名前を一致させます。


エクセル2007に入ります。

行と列の数が大幅にアップし、1,048,576行×16,384列が扱えるようになりました。(わたしたちは、最後の行や列まで使わないと思いますが・・・)

ワードと同じように、「テーマ」を使えば、グラフなどのデザイン変更が簡単に行えるようになりました。

グラフの作成が簡単になり、セル範囲を選択し、「挿入」タブの「グラフ」ボタンからグラフの種類を選択するだけでできます。グラフのスタイルは「デザイン」タブの「グラフのスタイル」から変更できます。グラフのスタイルはたくさんあり、選ぶのが困るほどです。(なぜか、ここは「リアルタイムブレビュー」が利きません。)

データを「テーブル」として管理すれば、集計やデータの並べ替え、書式設定などを簡単に行えるようになりました。テーブルを作成するには、テーブルにしたいセルを選択し、「挿入」タブの「テーブル」ボタンをクリックします。そして、「テーブルの作成」ダイアログボックスが表示されるので、テーブルとして扱うセル範囲を確認します。すると、「テーブルに「テーブルスタイル」が設定され、見出し行には「▼」ボタンが表示され」、クリックして並べ替えなどが行えるようになります。テーブルで列ごとの合計を求めたい場合は、「テーブルツール」の「デザイン」タブで「集計行」にチェックを入れます。一番下の行に「集計」という行が追加されるので、合計を求めるセルを選択し、「▼」ボタンをクリックし「合計」を選択すると、列の合計が表示されます。

条件付き書式が格段に進歩しました。新しく「データバー」「カラースケール」「アイコンセット」が加わり、データの分布や大小関係がひとめでわかるようになりました。

いままでは、「印刷プレビュー」では編集はできませんでした。「ページレイアウトビュー」が加わり、印刷プレビューしながら、編集ができるようになりました。切り替え方は、ステータスバーの「ページレイアウトビュー」ボタンをクリックします。

後2・3回でこのテキストが終わるので、次になにをやるかを休み時間に相談しました。ワード2007をやることになりました。

次回は、パワーポイント2007のさわりです。
スポンサーサイト

テーマ : パソコン教室
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

行列

2007では行列がこんなにアップしたのですね。
知らなかった。ビックリです。
すぐに( ..)φメモメモしました。


オフィス2007って・・・

misaさん、コメントありがとうございます。

オフィス2007の便利さを知るにつけ、2007からオフィスを使い始めた人が、2003以前を難しくて使えるのかなーと心配している私です。

(でも、心配することないかー、2007だけを使えばいいんだから・・・)
プロフィール

スマイルコージ

Author:スマイルコージ
パソコン大好きおじさんです。
よろしくお願いします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。